南魚沼市清水にある基地局

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

新潟県南魚沼市清水地区の巻機山登山口付近にある基地局です。

ドコモのCV南魚沼清水RK

雪が溶けておらず接近出来ませんが、装置がXi800MHz対応のものに交換されていました。
また同所でBand19 10MHz幅のLTEを確認しました。

2009年6月に撮影したCV南魚沼清水RKの装置
BS-2201形2号N 800M光張出しTRX装置EX B DC

2009年6月に撮影した鉄塔銘板

ソフトバンク・モバイルのIPエントランス基地局(恐らく接続はNTT東日本のBフレッツ回線、免状は1W)

国道291号線沿いにあるSS塩沢清水
(調査中)-CV塩沢北-CV塩沢長崎-SS塩沢清水と無線エントランスが構築されています。

SS塩沢清水の装置群。かなり高い位置に設置されています。
現在はまだBS-2201形Nしか確認できず、FOMAサービスのみ提供されています。

2009年6月に撮影したSS塩沢清水の装置
PDC装置がまだ設置されています。2009年は環境センサーがありませんでしたが、現在は設置されたようです。

八海山スキー場付近にある基地局

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

新潟県南魚沼市の八海山スキー場付近にある基地局です。

ドコモの基地局。周辺世帯数の割に非常に大規模な基地局だったことには驚きました。PDC時代からある基地局だと思いますが、基地局に通じる私道が除雪されていないため詳細は不明です。

KDDIの基地局。一般的なLTE800MHz対応の基地局でした。

KDDI基地局のGPSが若干傾いて設置されていました。豪雪により傾いてしまったかは不明です。

ソフトバンク・モバイルの基地局。プラチナバンド専用基地局ではないかと思います。積雪により接近できませんでした。

ソフトバンク基地局のアンテナを別角度から見るとこんな形です。左側が八海山スキー場方向です。

ウィルコムの基地局。八海山スキー場方向に向けられた指向性アンテナです。この他、周辺に通常の4本槍基地局が1局ありました。
ウィルコムホームページのエリアマップで基地局配置状況を確認したところ、この写真のもの+周辺1局の計2局に関して場所が若干ズレた所にマークされていました。

ソフトバンク・モバイルの衛星IPエントランス基地局。八海山スキー場内にあるようですが立入禁止のため詳細不明です。

八海山スキー場は冬期営業が終了してしまいましたが、間もなく夏期営業としてロープウェイの運行がありますので、再訪問してみようと思っています。

ほくほく線・美佐島駅の屋内基地局

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

FOMA屋内基地局を利用して運行情報を常設タブレット端末に配信している新潟県十日町市にある北越急行ほくほく線美佐島駅に行ってきました。

トンネルの途中にある地下駅で、電車から下車したら速やかに待避する必要があります。
ホームは電車発着時以外は立入禁止となっていて、各駅停車の電車が到着した時に指定場所で待機していると自動ドアが開放される仕組みになっています。

地下待合室にあるFOMA屋内中継装置

TB-2092形(R) 中継増幅装置と記載されていました。

Band確認が出来る機種で確認したところ、800MHz帯のFOMAサービスのみ利用できる事が分かりました。

docomoロゴが確認できる電源ケーブル

こちらが北越急行の運行状況が確認できるタブレット端末です。施錠されたボックス内に格納されています。

同社のWEBサイトでも公開されている運行状況を確認できるコンテンツを表示させることが目的のようですが、残念ながら訪問時にはコンテンツは表示されていませんでした。

アンテナピクトは3Gマーク
このタブレット端末の機種名ですが、ARROWS Tab F-05Eではないかと思います。

地下待合室から外へのアンテナ配線は、隙間ケーブルを利用しているようです(扉の開閉が多いようで隙間ケーブルが浮いているのが気になりました)。

階段沿いにケーブルを追いかけていったら地上方向に向かっていました。

階段を上りきって振り返ったら、窓際に四角い装置を見つけることができました。

吹雪で非常に寒い中、窓が少し開いているところから、屋内中継増幅装置用のドナーアンテナが見えました。

窓は自由に開閉できるようですが、より電波状況が良い形で保持されているのでしょうか。

美佐島駅の駅舎

美佐島駅に隣接する敷地に建てられたドコモの基地局がありました。

アンテナ部分の拡大。800MHz帯の基地局に多く採用されている長方形アンテナが2連になっています。
アンテナは駅前の道路方向に向けられており、上記の屋内局用ドナーアンテナは基地局の方向に向けられていませんでした。

BS-2008形E無線基地局装置があるため、800MHz帯の基地局(RK局ではない)であることが判明しました。
局名表記が小さく、よく確認出来ませんでしたが「CV美佐島駅」と読めました。

こちらは美佐島駅の1階待合室です。靴を脱いであがる和室になります。お茶を入れて飲んでも良いようで色々と置いてありますが、カメムシの死骸が非常に多くて若干臭いました。

美佐島駅1階待合室で各社スマホでスピードテスト
ドコモ:FOMA800MHz帯のみ。スピードテストは下り1Mbps弱
KDDI:au 4G LTE 800MHz帯、スピードテストは下り6Mbps前後
ソフトバンク:プラチナバンド帯の3Gのみ、iPhone5でのスピードテストは下り3Mbps前後
イー・アクセス:圏外。GL07Sのローミングモードでもソフトバンク2GHz帯が圏外のため利用できず
ウィルコム、UQ WiMAX:圏外というより論外
auの800MHz帯、ソフトバンクの900MHz帯は美佐島駅地下では圏外でしたが、階段を半分ほど下ったあたりでは若干使用出来る場所もありました。
タブレット端末で実際にコンテンツが表示されていないのが残念でしたが、秘境駅や特急はくたかの高速通過を扉越しに見ることが出来る駅として人気のようで、私の他にも見学しているグループがいました。
駅周辺には何もないので、1時間強の待ち時間は1階の待合室で過ごすのが良さそうです。
<おまけ>

CV美佐島駅の基地局名を確認するために歩道に足を踏み入れてみましたが、ブーツや長靴が無いとダメでした。その先、基地局までの数mは「かんじき」など雪上を歩くための道具を装着しないと辿り着けません。

六日町にいました2014

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

2009年8月に紹介した『六日町にいました』という記事と同じ写真を撮影してみました。

NTT六日町の鉄塔。

アンテナ部分の拡大(2009年と比べてPDC方式のアンテナが撤去されているようです。板状6連アンテナは健在でした)。

商店街にあるビル屋上のKDDI基地局アンテナ。あまり変化が感じられません。

八箇峠にあるトンネル共同基地局

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

新潟県南魚沼市と十日町市を結ぶ八箇トンネルの南魚沼市側にある共同基地局です。

全景

アンテナ部分の拡大(詳細は不明ですが、3キャリア:ドコモ、KDDI、ソフトバンクです)

左がトンネル側、右が南魚沼市六日町側
トンネル以外も若干エリア化しています。

収容かん(GPS付き)

局名は新潟県内の他トンネル局と同じ法則である「T1・2 国道253号 八箇」
連絡先はドコモ基地局と同じ24時間対応のフリーダイヤルになっています。
各社LTE方式には非対応のようです(KDDIは1xエリア)。
ちなみにトンネルを抜けた十日町市側には基地局がありません。
【おまけ】 上記共同基地局から見た枡形山の鉄塔群



魚沼スカイラインは冬期通行止のため鉄塔群には接近できません。
2010年11月29日の記事「八箇峠・枡形山」で上記鉄塔群について紹介しています