LTEエリア内での502KC発信挙動

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

PHSからDIGNO®ケータイ 502KCに契約変更するにあたり、PHS同士並びにPHSと固定電話の通話音質が非常に良かったので、それを少しでも補えるVoLTE搭載機種であることも購入の決め手でした。

※同時期に発売されているAQUOSケータイ 504SHはVoLTE非対応

SoftBank契約のiPhone6も所有しており、iPhone6同士のVoLTE通話が非常に高音質なのも理解していましたので、502KCにもそれなりに期待して購入しました。

ところが、Twitterで「固定電話(加入電話)に発信するとアンテナピクトが4G表示のままなのに、フリーダイヤルに発信すると必ずアンテナピクトが3Gに落ちてしまう」という投稿を見かけました。
4G/3Gを併用するドコモのVoLTE対応機の場合、発信者側がLTEエリア内(4Gエリア)であれば、フリーダイヤルに電話を掛けてもLTE接続を継続しているようなアンテナピクト表示になりますが、その挙動がY!mobileでは大きく違うということです。

そこでLTEエリア内で502KCから様々な番号に発信して、アンテナピクトがどのような表示になるか確認してみました。

※下記はPC向けにレイアウトを組みましたのでスマホブラウザでは画像の大きさがバラバラになってしまいます。ご了承下さい。

■対携帯電話・PHS

502kc_13 502kc_04 502kc_05 502kc_10
 docomo
GalaxyS6
 au SHF31   SoftBank
iPhone6 
Y!mobile
PHS 
 4G  4G  4G
HD 表示(双方VoLTE)
 4G

■対固定電話・IP電話・無料ダイヤル&ナビダイヤル

502kc_11 502kc_12 502kc_06 502kc_14
auひかり電話   Fusion
050IP電話
 Y!mobile総合案内
無料ダイヤル0120
 Y!mobile総合案内
ナビダイヤル 0570
 4G  4G 3G   3G

■対3桁特番・#ダイヤル

502kc_07 502kc_08 502kc_15
  Y!mobile総合案内
116
 天気予報
177
ハイウェイテレフォン
#8162
 3G  3G  3G

上記のパターンで様々な番号に発信してみました。結果は次の通りです。

VoLTE対応の502KCから発信すると、固定電話の市外局番並びに050/070/080/090の場合は4G(LTE)にて発信し、それ以外のフリーダイヤル・ナビダイヤル等や特番系は回線交換方式に切り替えて(回線交換フォールバック=CSFBで)発信される。

そこでひとつ疑問だったのは、4G/3G発信の判定が単純に市外局番だけだとしたら、次のような疑問が浮かんできました。

3桁特番の中で唯一特異なものが天気予報177です。177の3桁特番の前に聞きたい地域の市外局番を付与すると、その地域の気象台が発表した天気予報を聞くことができます。

実際に上記3桁特番の発信で繋がった前橋地方気象台に市外局番付きで発信した結果がこちらです。

502kc_09

なんと市外局番+177発信では4G(LTE)接続となりました。3桁特番で発信した時と比べても、聞こえてくる音声が若干明瞭だと感じます。

交換設備側に市外局番付きは4G(LTE)発信という単純な法則が組まれている可能性があります。その法則に当てはまらないものだけ3G回線交換フォールバックで発信されているようです。

まだ使用開始から日が浅いので引き続き注目していきたいと考えています。

DIGNO®ケータイ 502KC 購入

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

Y!mobileから発売されているDIGNO®ケータイ 502KCを購入しました。DDIポケットがPHSサービスを全国展開した1年後になる1996年からPHSを使用していましたので停波まで見届ける予定でしたが、エリアが広がらないことや新機種が発売されないことなど、衰退傾向であることは目に見えていましたので、思い切ってWX12Kから契約変更をしました。

502kc_01 502kc_02

2015年にAndroid搭載ガラケー(いわゆるガラホ)であるSHF31を購入しましたので、アプリが自由に入らないことや、仮に裏技でアプリがインストール出来たとしても多くの制限があることを認識していました(アプリの裏技導入についてはネット上に多数の情報がありますので割愛させていただきます)。

また502KCはWi-Fiが内蔵されていないため、すべての通信がモバイル通信となります。
月額基本料金が一番安い「ケータイプランSS+ベーシックパック+パケット定額」では、若干のデータ通信でもパケット定額の上限に達してしまいますので、今回は「スマホプランS(月額1GBまでの通信並びに、誰とでも定額相当10分以内300回の通話定額付)」を選択しました。
※ケータイプランSSでは家族割引が適用されないため、家族割引が適用されたPHSを2台完全無料で所有していますので、スマホプランSが必須でした。

色々と運用した結果、パケット通信やメールを一切利用せずに通話専用機とする場合、ケータイプランSS単独利用が出来、月額980円+税で維持できるのも魅力です。

さらにWX12Kでは搭載していなかったワンセグが502KCには搭載されているのも購入の決め手でした。

502kc_03

常に持ち歩いているGalaxy S6 SC-05Gではワンセグ視聴に外部アンテナが必要なのですが、常に外部アンテナを持ち歩いている訳ではないので内蔵アンテナで気軽に情報収集できるものは助かります。

502KCではチャンネルスキャンを行うと物理chごとに放送局が登録されますので、遠距離受信の実験にも使うことができます(最近のスマホでは同一放送局がまとめられてしまったり、物理chが表示されずどの中継局から出た電波なのか分からないものが多いようです)。

上記の写真では前橋(榛名)と東京(墨田)の両方のワンセグ波を受信できる環境で、前橋の強い電波が前半のプリセットに登録され、後半には東京の弱い電波がプリセット登録された例です。

今回は料金プランとワンセグの事しか触れませんが、次回は購入動機でもあるVoLTE対応について紹介したいと思います。

長野県飯山市で見つけたPHS指向性アンテナ

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

長野県飯山市で見つけたワイモバイル(旧:ウィルコム)のPHS指向性アンテナを搭載した基地局です。

飯山市内では指向性アンテナを搭載したPHS基地局を多数見かけることができ、周辺の山間部に向けられています。
このアンテナの対向先は斑尾高原にある無線エントランス対応PHS基地局のようです。

ソフトバンク鉄塔に共架するウィルコム

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

群馬県吉岡町にあるソフトバンク・モバイルの基地局にウィルコムのアンテナが共架しました。

道の駅よしおか温泉付近にあるIMT/PLB吉岡漆原局

漆原局の敷地全景

吉岡町役場付近にあるPLB吉岡下野田局

吉岡下野田局の敷地全景
いずれも2014年2月下旬に設置工事を確認しました。
※エリクソンの無線基地局装置だけ茶色塗装が出来ないようです。

ウィルコム無線エントランス

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

群馬県沼田市にあるウィルコムの指向性パネル4連アンテナが多数設置されているビルです。
周辺(主に関越自動車道沿い)にあるウィルコム無線エントランス対応基地局へ電波を送る為の親元としての役割を持っているようです。

北側だけで3本の支柱が確認できます。さらに南側にもあります。
ここを親元にしたと思われる無線エントランス対応基地局が周辺にあります。その一例を紹介します。

群馬県利根郡昭和村にある、無線エントランス対応基地局です。特徴として、さらにこの基地局から別の場所2局へ4連パネルアンテナ2組で中継をしています。
沼田市街地から受けた電波を、昭和村内の別の場所へ中継するためだけの基地局と考えられるものです。
※写真は2004年に撮影したものです。

群馬県利根郡みなかみ町にある、無線エントランス対応基地局です。
無線エントランス対応アンテナを見るとDDIPOCKETのロゴが縦向きになっています。
偏波を変える事により、受かりやすい環境を構築しているものと推測しています。
※写真は2003年に撮影したもので、2013年現在、基地局の形状が大きく変更されています(ソフトバンク2GHz帯と共用アンテナ)。