J-SH53による位置情報調査

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

2003年9月、自宅の電波状況が悪いキャリアが多いことが分かり、比較的問題が無かったJ-フォン(現:ボーダフォン)を購入しました。J-フォンは約1年半の間、J-K04、J-SA03、J-SH08の3機種を持っていましたが、J-SH08の通話品質やノイズが好きになれなかったことと、利用頻度が少なくなった事から解約してプリペイド端末として所有していました。群馬県内ではドコモPDC、auのCDMAエリアが圧倒的に広くビジネスにおいても信頼度が高いのですが、やはり「圏外トーキー」が頻繁に流れてしまうのでは信頼度も低下してしまいます。そこで思いっきり、仕事用、プライベート用、すべてJ-フォンにしてしまえ!ということで、最新機種のJ-SH53を購入しました。
J-SH53
9月23日に購入したJ-SH53。ヤマダ電機にて新規9800円+消費税。
同時にSDメモリ64MBも購入(現在は128MBを使用)。
10月からのプランは、ビジネスエコノミー+年間割引(月額5310円。無料通話2700円)。
その他のオプションはボーダフォンライブ(メール、WEB、ステーション)、指定割引(月額300円で5件まで通信料半額)。
その他、光オーディオケーブル、ステレオオーディオケーブルを購入。
ミュージックプレイヤー機能としても活用中。ストラップは5年前に購入したピカチュウ(笑)
番号は 090-9977-XXXX 比較的覚えやすい番号。端末バグ修正済み。
■位置情報調査
以前、位置情報を調査した時には基地局の所在地「群馬県前橋市大手町」「群馬県勢多郡赤城村大字津久田」等の表記しか調査していませんでしたが、基地局にはそれぞれ経緯度が登録されており、セクターごとに異なった数値を持っていることが分かりました。そこで基地局の経緯度を拾う為に、以前「綿100号工房」様に頂いたノウハウとCGIプログラムをカスタマイズして使い、自分専用の携帯サイトを構築しました。ただしこれではパケット代がかかってしまいますので、次に目を付けたのが優秀なVアプリ(JAVAアプリ)の存在です。週刊ゲーム&アプリLive!というページで、いくつか探してようやくお目当てのアプリに巡り会うことができました。
■WndJ(ウインドウジェ)窓風待ち受けアプリ
多機能待ち受けアプリのひとつですが、位置情報や電池残量、メール受信履歴が表示され、Windowsのデスクトップ風にカスタマイズが可能とのことで早速使ってみました。今まではJ-SH53の高解像度に対応してませんでしたが、つい最近対応してくださったようですので、より使い勝手がよくなったアプリに期待したところ、なんとうれしい多くのおまけ機能に巡り会うことができました(^^)
WndJ
こちらが現在使っている画面です。
メールやステーションの着信履歴を表示する受信トレイや、電波状況、電池残量をパーセンテージ表示する画面、位置情報と経緯度を表示する窓などを自由に配置することができます。また位置情報はエリアの移動等があると、リアルタイムで更新されます。経緯度と位置情報(地名)、電波受信率が1画面に表示されるアプリは、調査時ではこのアプリが唯一の存在となります。
さらに端末のアンテナピクトや時計、通知アイコン等も隠れず表示されるので非常に便利です。このアプリを待ち受けに設定しながら、様々な場所の位置情報を取得していこうと思います。
■位置情報、経緯度履歴機能
WndJを使い出してとても良い機能に巡り会いました。それは位置情報履歴機能です。J-フォンのシャープ製端末で5件、パナソニック製端末で10件の位置情報履歴保存機能がありますが、このアプリは履歴機能を標準搭載しています。さらに経緯度の履歴も残るのが素晴らしいです。
WndJ
さらに同じ基地局でも、異なった経緯度を持つ波を拾った場合は、すべて履歴に記録されます。履歴は10件のようです。J-SH53に内蔵されている履歴機能は、ステーションの受信ごとに履歴を残すため、同じ場所に何時間もいると、同じ位置情報がたくさん残ることになりますが、このアプリでは“位置情報と経緯度のいずれかが変化した場合だけ”記録を残すようです。とても優秀なアプリです。
ただここまで褒め称えてしまいましたが、肝心の「位置情報手動更新機能」がありません。これは残念です。ただし、手動更新に近いほど頻繁に更新してくれるので、一般的な調査には問題ありません。手動更新を多用するときは、遠距離受信している現場や基地局直下でも正しい位置情報が出ない時などのシチュエーションに限られますので・・・。
左の画面は北群馬郡吉岡町にある某大型ホームセンター内で拾っていた基地局ですが、建物内は弱電界(電界強度15〜30%)、頻繁にハンドオーバーを繰り返すようで、たくさんの履歴が残っていました。前橋市大手町は、かなり離れています。
■資料 群馬県北群馬郡吉岡町大久保
位置情報吉岡地図
調査日:平成15年10月9日
測定場所:カインズホーム前橋吉岡店(吉岡町大久保)
店内:電波受信率15〜30%(ほぼ圏外)
西側入口(カインズキッチン)付近:30%前後
駐車場内群馬銀行ATM付近:45%〜50%
IMTは約1.5キロ離れた南東方向に新局工事中。
店内で位置情報を更新すると、約7キロ離れた群馬県庁付近にある前橋市大手町を表示します。ただし圏外すれすれで通話は不能と思われます。
■おまけ:車内での測定
位置情報車内
運転中(もちろん駐停車中)に測定する場合は、写真のように携帯電話ホルダーで測定しています。J-SH53に合ったホルダーがなく、若干斜めになってしまうのが問題点です。
カーナビの画面に経緯度をリアルタイム表示した状態で地図と照らし合わせて調査していいます(なぜか写真はテレビモード。笑!)。
次回は、実際に遠距離受信による弱電界地域をレポートします(現在調査中)。具体的な位置関係や標高等もレポートできればと思い、1回ではなく数回の調査で複数のサンプルを取得しているところです。乞うご期待!!