RF Explorerと7インチWindowsタブレット

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

Windows10 Homeがプリインストールされた7インチタブレット KEIAN KVI-70B を購入しました。

製品情報:KVI-70B KEIAN / Windowsタブレット

kvi-70b_01

モバイルガジェット愛用歴20年の中で、多くのガジェットを手にしましたが、このサイズのものは初めてなので、ピッタリと合うケースを持っておらず、色々と探したところ100円ショップダイソーで見つけた「タブレット ケース mini (写真上、品番786)」が良い感じだったので愛用しています。

10インチ液晶のタブレット(Lenovo YOGA Tablet2)も所有していますが、具体的に何がやりたいという訳でもなく、1万円以下で買えるタブレットかつとにかく小さいものを探していたら国内流通で技適問題もクリアした当機を見つけたので購入してみました。

早速、RF Explorerを接続して簡易スペアナ機能を試してみることにしました。

kvi-70b_02

タブレットのスペックが心配でしたが、RF ExplorerのWindowsクライアントは問題なく作動しました。非常にコンパクトな構成かつ、波形のキャプチャーがすぐに保存できるので、今後はKVI-70BとRF Explorerを一緒に持ち歩く機会が増えそうです。

kvi-70b_03

地元群馬のホームセンター「カインズ」でオリジナル商品のウエストポーチがあったのでRF Explorerを入れてみました。

製品情報:ウエストポーチポケットタイプ KSB11

RF Explorerの本体はポーチの中に隠れ、ポーチは肩掛けしてタブレットだけ手持ちするスタイルが実現出来そうです(肩掛けせずにストラップを取り外してベルトに通すこともできます)。

kvi-70b_04

やや窮屈になりますが、ポーチの中にRF Explorerとタブレットを一緒に入れる事も出来ました(左上がタブレットです)。

用途がはっきりしない状態でタブレットを購入しましたが、このサイズであれば様々な活用方法を見いだせそうなので、しばらくお供に持ち歩いてみたいと思います。

余談ですが、WindowsUpdateを可能な限り適用させ、使ってみたいアプリケーションをいくつかインストールした時点で、Cドライブの空き容量が1GBを下回ってしまったため、これ以上のアプリの追加は控えています。

KEIAN 7インチ Windowsタブレット Windows10 Home 32bit Bay Trail Z3735G 4C/4T CPU 1024×600 IPS 広視野角液晶 DDR3-L DRAM 1GB ブラック KVI-70B