かんな・かぶら道の駅スタンプラリーに参加

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

2008年までは基地局撮影を目的として出かけていましたが、最近では観光をメインにして基地局は珍しいものに限って撮影しています。

普段はほとんど紹介しない観光ネタとして先日参加した「かんな・かぶら∞ぐるぷらの旅 道の駅スタンプラリー」を紹介します。

このイベントは2016年7月16日から12月28日まで開催されている群馬県西毛地域の道の駅をまわるスタンプラリーです。

パンフレットには群馬県藤岡市の道の駅ららん藤岡をスタートして、8つの道の駅をまわって最後にららん藤岡に戻るルートがモデルコースで掲載されていますが、重複を避けるためにモデルコール2番目の道の駅上州おにしからスタートしました。

kanna_kabura01

9:40 道の駅上州おにし(群馬県藤岡市)をスタートします。こちらの2階売店の店員さんからパンフレットをいただきスタンプを押してもらいました。店員さんがスタンプを押したのは、ここ上州おにしだけでした。

kanna_kabura02

道の駅上州おにしの敷地は、昭和50年に廃校した譲原小学校の木造校舎が保存されています。

10:35 道の駅 万葉の里(群馬県多野郡神流町)に到着しました。残念ながら写真はありませんが、小さな味噌饅頭を購入して頂きました。
※道の駅にはドコモの屋内用増幅装置が設置されていましたが、残念ながらコンセントが抜かれていました。

11:25 道の駅 上野(群馬県多野郡上野村)に到着しました。神流町で基地局撮影をしていたため、パンフレットに記載されている万葉の里からの所要時間20分を大幅に超えてしまいました。

kanna_kabura03

道の駅 上野で販売されている地元の特産「十石みそ」を使用したソフトクリーム(350円、JAF会員証提示で300円)です。実はこのソフトクリーム目当てで上野村に訪問しています。
今回はコーンに巻いてある紙(持つところ)が、5枚ぐらい巻かれているハプニングがありましたが、美味しくいただきました。

kanna_kabura04

3つ目のスタンプゲットです。

kanna_kabura05

道の駅 上野では、目立つ場所にイベントののぼりが掲げられています。

その後、上野村内で昼食や味噌などの買い物をしてから、次の目的地に向かいました。

12:45 道の駅 オアシスなんもく(群馬県甘楽郡南牧村)に到着しました。こちらではゲリラ豪雨に遭ってしまったため、ゆっくり滞在することが出来ませんでした。

kanna_kabura06

道の駅 オアシスなんもくの駐車場にある自販機で商品サンプルが掲示されていない場所があったので、120円を入れてみたところ購入可能である緑色のランプが表示されていました。結果、2つ左のコーヒーが出てくる面白いハプニングがありました。

13:15 道の駅 しもにた(群馬県甘楽郡下仁田町)に到着しました。こちらはとても混雑していたので、地元野菜を購入しただけで写真を撮らずに後にしてしまいました。スタンプは24時間押印可能な場所に保管されていました。

14:00 道の駅 みょうぎ(群馬県富岡市)に到着しました。今まで立ち寄ったことのない道の駅でした。やはりここでも地元野菜を購入しました。

kanna_kabura07

道の駅 みょうぎの駐車場から撮影した妙義山です。

kanna_kabura08

スマホのデジタルズームでも辛うじて「大」の文字が確認できます。

14:30 道の駅 甘楽(群馬県甘楽郡甘楽町)に到着しました。道の駅みょうぎから富岡市街地を突っ切る形になります。スタンプラリーのパンフレットには富岡製糸場などの観光案内も掲載されています。こちらの道の駅も初めて立ち寄った場所になります。

kanna_kabura09

道の駅 甘楽で購入したどら焼きです。国道254線沿いにある「こまつや」さんが製造販売している織田家の家紋を烙印したぐんまちゃんデザインのどら焼きです。

15:25 道の駅 ららん藤岡(群馬県藤岡市)に到着しました。こちらはハイウェイオアシスになっているため、上信越道からのお客さんも多く、休日は非常に混雑しています。ガトーフェスタハラダのラスク(グーテ・デ・ロワ)を購入する予定でしたが長蛇の列だったので諦めました。

kanna_kabura10

ここで8個目のスタンプを押してスタンプラリーは終了です。最後に道の駅の事務所(ファミリーマートの隣)に行き、入口付近にある提出箱に入れて応募完了です。

基地局撮影やちょっとした観光も兼ねて約6時間の周遊でしたが非常に楽しむ事が出来ました。